おまとめローン銀行【消費者金融とどっちがいい?】

おまとめローンを検討しているなら、銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。
銀行のローンに「敷居の高さ」を感じてしまうこともありますが、ローンのおまとめには最適な金融機関だと思います。
消費者金融のように来店不要で申し込むこともできますし、即日に対応できる銀行も多くあります。
銀行のおまとめローンの特徴について確認し、自分に合った方法でローンをまとめるのがおすすめです。

 

まず、銀行のおまとめローンの特徴に「総量規制対象外」というのがあります。
総量規制は、お金の借りすぎを防ぐ目的で「年収の3分の1」を超える融資を禁止するものです。
この総量規制は、消費者金融やクレジットカード会社を規制しているものですが、銀行は対象外です。
銀行のカードローンなら年収の3分の1超のお金も借りれますので、おまとめローンに適していると考えられます。
まとめようとしているローンの残高が多い人ほど、銀行のカードローンを利用するのがおすすめです。

 

また、銀行のローンでまとめれば、収入証明書不要とできます。
プロミスやアコムのような消費者金融では、50万円超の限度額を希望するときに、必ず収入証明書が必要になります。
これに対して、銀行のカードローンでは、銀行ごとの基準により、100万円〜300万円までは収入証明書不要となっています。
おまとめする金額が300万円以下なら、収入証明書なしで利用できるのも大きな魅力ではないでしょうか。

 

さらに、銀行のローンは、消費者金融よりも低金利です。
消費者金融のローン金利が年率17%〜18%であるのに対し、銀行カードローンは、10%〜15%に設定されていることがほとんどです。
借入する金額が多いほど金利も低くなりますので、おまとめローンで金利負担も減らせます。
毎月の返済期日を1回に減らすことができ、金利の負担も少なくなりますので、なるべく早くローンの借入れ先を1つにするようにしましょう。